×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


サーナδ



名前 サーナδ
レベル 146
職業 ワッフルはんぺん
称号 ワッフルエース
功績

・・・






「ねえ、なんで僕たち人形は、
人間のように歩けないのだろう」






「歩く必要がないからじゃない?」






「人形は、何かの雛形である事が存在意義?」






「可愛いお人形さんならば、人間に可愛がってもらえるからね」





「何かの象徴とされるお人形さんなら崇められる」






「醜いお人形さんはどうなるの?」






「どうなるんだろう?」






「きっと、ナイフの的にされるのでしょうね」






「だけど・・・
どうしても歩きたい」






「人のように、縦横無尽に」






「・・・」






「ならさ」






「歩けばいいんだよ。
歩きたいなら」













「君は?」






「うち?」






「サーナ」






「僕は、ワッフル。
なんでサーナは、僕たち人形の声が聞こえるの?」






「こうやってね、澄ませばいいの」






「人形だけじゃない・・・」






「ちゃんと澄まして聴こうとすれば、
いろんな声が聞こえるんだ」






「・・・」






「歩けるのかな?人形の僕でも」






「歩けるようにすればいいんだよ」






「風の噂で聞いたんだけど・・・」






「硬派ってギルドに、黒魔術を得意とした殴り魔がいるらしいの」






「黒魔術の力を持ってすれば、もしかしたら・・・」






「ねえ、ついてくる?
ちょうど、今から硬派に入ろうかと思っているところだけど」






「硬派・・・」







「個人的に硬派って意味は
”ある信念や信条を元にやるべきことをすること”
だと思うな」






「君にぴったりかもね」






















ある夏の終わり頃・・・
サーナさんは、硬派の門を叩いた。






硬派加入後、サーナさんは、自分のペースで修行を重ねていった。






そんなサーナさんを、私は親鳥の気持ちのように見守っていた。






・・・





そして、加入から5ヶ月という時間を経て、
サーナさんは立派に2次転職された。






加入された当時の面影を微塵も感じさせない・・・
サーナさんは強くなられた。







そんなサーナさんの横を、
時折ひょいっとワッフルが顔を覗かせる時がある。


戻る