×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


「・・・」





「悪華那とパイさんが戦っている・・・」






「・・・」






「どっちが勝つと思う?」






「か、かわずさん!?」






「もしや、私を食べる気ですか!?」






「お、おいおい、美少年は食べない。
俺の夢は、美少年に囲まれて生活することだからな」






「ということは、かわずさんは女の子・・・」






「奇遇ですね、実は私も女の子でした」






「だ、騙しやがったな、俺の夢返せっー!」






「・・・」






「悪華那が暴れ、
そして、華那がタバスコで暴言を吐く・・・」






「ええ」






「とんだかまってちゃんだな。可愛いもんだぜ」






「ただ そういうものって、
悪い方向に転ぶ可能性だってあるんです」






「そういうもんか・・・」





















「こんばんは、初めまして麗刹華那さん。 
これからよろしくお願いしますね」






「・・・」






「麗刹華那さん?」












「・・・」













「・・・」













「あ、あの、何をやっておられるのですか?」






「ああ はじめまして。
このエステルが私を無視するもので」






「麗刹華那さん、それはNPCと言って、
決められた台詞しか・・・」






「そんなこと誰でも知ってます!」






「だ、だって、あなたが><」






「私は、ファンタジアという世界から、硬派に入るために、
ここジュエリアまでやってきたのです」






「うーん、ということは、一文無し?」






「まあ、そうです」






「じゃよかったら これどうぞ。
私のお古だけど・・・」






Σ






「銀のイヤリングよ」

















・・・






「パイ様!」





「はいはい」






「私とパイ様以外、誰もINしてないじゃないですか!」







「っと、そんな前置きは置いといて・・・」






「なぜ、みんなの称号が白紙なのですか?」






「えっと、皆さん称号はいらないと、おっしゃられるので・・・」






「ふむ、そんなことだからダメなのです!」





「は、はい?」






「いらないなら勝手に決めちゃいましょう!」






「勝手に決めちゃってよろしいのですか!?皆さんの称号・・・」






「当たり前です!称号は勝手に決めるものです!」






「な、なるほど、その手がありましたね、
じゃあ 遠慮なく」






「ていっ!」












「そうそう、そうやって変えていけばって・・・ん!?」






「なぜ私が副マスターに!」






「だって勝手に決めていいと・・・」






「それは称号!orz」






















「・・・」






「華那さん・・・」






「華那さんと初めて出会ったとき、アホだなって思ったけど」






「今は・・・」







「やっぱりアホだなって思うわ」






「でも、どこか楽しかった、今までいろいろあったからね・・・」






「だから、今回ばかりは、本当にやめなさい」






硬派は変態!






やめなさいって!






パイ様は変態!






「やめなさいって言ってるでしょ!」

戻る